今日は晴天、ぼけ日和

トイレの失敗どう話題に? 介護のプロは「私だって」を上手に使う

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

『あれっ? 山下さんから尿臭がする』気づいても、お下のことは話しづらい。

トイレの失敗や失禁の話題は、とてもデリケートだ。

「私もたまに立つと、もれる時があるんですよ。私が使ってる尿取りパットは・・・」「尿もれって誰にでもあるのねぇ」

介護者から、お互いのこととして話せば、
高齢の方は心を開いて頂きやすい。
「私だって」の嘘は、ご愛敬。

ここまで生きていらっしゃったお体に、お疲れ様でした。

あなたの姿は、未来の私の姿。

人に知られたくないことを指摘されるのは、
誰だってイヤなもの。

それが、お下のことなら尚更でしょう。

つい介護者である私は
「不衛生だから」「困っているだろうから」と、自分本位の指摘をしそうになります。

でも、ご本人の羞恥心を想像すると、
指摘の機会をつくるよりも、
話しあえる関係を作りたいと思います。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について