認知症の母が喜ぶ毎日ごはん

夜中に起きる母に「朝おやつ」でお腹スッキリ 認知症の母が喜ぶ毎日ごはん

フードライター大久保朱夏さんが、認知症のお母さんとの生活のなかで見いだしたレシピを紹介します。母のリズムを整える「朝おやつ」は、親子の仲もほんのり温めます。

※料理は普通食です。かむ力やのみ込みに配慮した介護食ではありません

フルーツの甘酒ヨーグルトがけ

真面目に生きてきた母は「早起きは三文の徳」ということわざが好き。

頭の回転はすこぶる速く、私が寝ていると枕元で「寝ていると損するよ、寝ていると損するよ」と言っておどかす。時計を見るとまだ3時。

「まだ真っ暗な夜だよ」と言うと、「ああ、そうか」と寝室に戻って二度寝してくれるときはいい。そのままデイサービスに行く時間だと思い込み、靴を履いてリュックサックを背負って出かけてしまうことがあり、まったく油断ができなかった。

バタンと玄関のドアが閉まった音で目が覚め、パジャマ姿で母を追いかけたこともある。さすがに3時は勘弁してほしかったが、4時は朝だと自分に言い聞かせてあきらめた。そこから長い一日が始まる。

プルーン、レーズン、甘栗、ヨーグルト、甘酒、バナナなどすぐ食べられるものを用意しておき、朝ごはんの前に「朝おやつ」を出すことにした。
すると1時間30分後、規則正しく「出るもの」が出る。朝おやつの工夫で、母の排便リズムがつかめるようになった。お腹がスッキリすると表情もやわらかくなり、機嫌よく過ごせる時間も増えてきた。

やはり「早起きは三文の徳」なのだろう。

フルーツの甘酒ヨーグルトがけ

発酵食品同士の組み合わせです。冷たいヨーグルトは嫌がるので、電子レンジで少し温め、甘酒で甘みをつけ、甘酒ヨーグルトを作ります。「食べた」という気持ちも満たされるように、バナナやいちごなどの形のある果物にかけます。果物はひと口で食べられる大きさに、あらかじめ切って出します。

材料 2人分

プレーンヨーグルト 60g
甘酒 40g
バナナ 1本
いちご 2個

作り方

  1.  耐熱容器に甘酒とヨーグルトを入れて混ぜ、電子レンジ(600W)で40秒ほど加熱する
  2.  バナナは輪切りに、いちごは食べやすく切って器に並べる
  3.  2に1をかける

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について