今日は晴天、ぼけ日和

認知症のあなたと、新たなコミュニケーション 私とアートにできること

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

絵はその人の心を映す

認知症を深め、話すのが難しくなった高齢の方とのアートの時間。

私の知らないあなたがいる

アートワーカーの私ができることは、ただひとつ。その方をあるがまま見守ること。

あなたにまた少し近づけた

その方らしさに触れさせていただき、嬉しいのはこの私。



話すのが難しくなったり、
気持ちを抑えられなくなったり。

認知症を深めたご本人は、周りとのコミュニケーションにつまずくことがあります。

そんなときアートは、新しいコミュニケーションを生んでくれます。

言葉じゃなくとも通じあえる方法は、きっとたくさんあるのです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について