認知症になったら自分で症状に気づけますか?専門家が回答

自分が認知症に? 細かいけれど大きな悩みの数々を、専門家に聞きました。

Q 認知症になったら、自分で症状に気づけますか?

【答える人】

たかせクリニック理事長 髙瀬義昌(たかせ・よしまさ)医師
信州大学医学部卒。東京医科大学大学院修了、医学博士。麻酔科、小児科を経て2004年「たかせクリニック」を開業。在宅医療での高齢者医療、認知症のスペシャリストとして、厚生労働省の事業や地域包括ケア、介護関連事業の委員も数多く務める。患者だけでなく医療関係者からも好かれる、愛とユーモアがたっぷりのドクター。

A いくつかのタイプに分かれるようです。自分らしからぬもの忘れやミスが増えて、「おかしいな」と思う人と、周囲が「おかしいな」と気づくほど症状が進行していても絶対に認めないという人。また、認めないだけでなく、心底、自分を健康体と信じて認知症を疑いすらしない人も少なくありません。もっとも、大きなミスも体の不調も、そのエピソード自体を忘れてしまうので無理もありませんが。もし何かご自分で異変を感じるのなら、早めにもの忘れ外来や神経内科を受診することをおすすめします。

なかには「おかしいな」と感じながらも、受診まで半年、1年と放っておくケースもありますが、認知機能の低下のうしろに、原因となる治療可能な病気が隠れていることもあります。早く見つけて早く治療すれば、認知機能低下の症状がなくなる可能性もあるので、ためらわずに受診してください。

あわせて読みたい

この記事をシェアする

関連するキーワード