今日は晴天、ぼけ日和

おしゃべりだったあなたが、空と話すように〜認知症は、終いの支度

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

その昔、あなたはとてもおしゃべりでしたね

あなたは一人でふらり、公園へ出かけるのが日課でしたね。

私より、空と話してる方が多くなりましたね

涙もろくなったあなたは、空になにを見ていたのでしょうか。

あなたと話すことが減ったのに、私はようやくあなたの本質を知りました。

今でもふと、あなたの姿が浮かびます。



ぼけることは、老いの自然な流れ。
終(しま)いの仕度を脳が、はじめてゆくことです。

もし体ばかり老いて、
脳だけが若いままなら、
私は死を許せないかもしれません。

あの人のようにいつか私も、
空に手をあわせる心を、持てますように。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について