今日は晴天、ぼけ日和

働きながらの母の介護 荒れた部屋 夕飯はいつもコンビニ飯でも許して

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

たこ焼きを食べる親子

僕は高齢の母と、2人暮らし。
夕飯はいつも、会社帰りに寄る、
コンビニのお総菜。

口の悪い人は言う。
「親不孝な息子」

……そんなの知っているよ。

散らかった家

この荒れた家を
若かりし日の母が見たら、
どんな顔をするだろう?

僕が平気な顔をしているのは、
自分の心を守るため。

ごめん、母さん。

「ぼちぼちやるから許してね」

これが、
僕なりの精いっぱい。

誰に褒められることもなく、
僕は介護の日々を過ごす。

「もう、介護を続けるのは無理かもしれない」

どんなに周りに支援者がいても
そう思ったことのある介護者は、
少なくないのではないでしょうか。 

介護保険においては
特に、介護を受ける人に同居家族がいる場合、
原則、掃除や買い物などの
生活援助サービスは利用できません。 

家族の生活を支えるために外でも働くため
家中の様子が自らの失態かと思えるほどに荒れた時、 

介護する人は心の行き場を
失いがちです。 

失態ではなく、
必死に取り組んだ結果であるのに。

だから、時には、介護する人は
どこまでも手を抜くべきと、私は思っています。 

なぜなら、ご自身の心こそ
介護の基盤だからです。 

ほどほどに。
誰になんと言われようと、ほどほどに。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について