なかまぁるセレクト 映画&本

『ひろぽと暮らせば』

ひろぽと暮らせば
セレクト_131_01。ひろぽと暮らせば

【この作品は…】

認知症になった義父を観察、記録し、ただただ面白がっていた嫁による、愛に溢れた漫画です。

【あらすじ】

認知症を患った80代の義理の父・ひろぽとその家族による、笑えて温かくて、ちょっと泣けるお話です。
Instagramで癒やされると話題の漫画が、一冊になりました。すぐに忘れたり、突然怒り出したり、しつこかったり。認知症になった義父と、時に戸惑いながらも、楽しく過ごした家族の記録です。

三丁目いちこ(さんちょうめいちこ)
認知症を患った義理の父・ひろぽを観察し、記録するのが日課だった。2017年11月に84歳でひろぽが他界した後は、当時の記録をもとにイラストエッセーを描いている。

【書籍データ】

  • タイトル:『ひろぽと暮らせば』
  • 著者:三丁目いちこ(さんちょうめいちこ)
  • 判型:A5判
  • 頁数:167頁
  • 価格:1,200円+税
  • 発売日:2020年11月26日
  • ISBN:978-4-8470-9966-3
  • 発行:ワニブックス

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について