今日は晴天、ぼけ日和

歩いて出会う、歩いてつながる。歩くたびに町は、生きる喜びをくれる

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

歩行器を持つ人

歩くことは、出逢うこと。

春のよろこび、
色とりどりの祝福。

「木村さん! 今日も頑張ってるわね~」「ありがとう」

歩くことは、つながること。

交わす笑顔は、
命の交歓。

名前の書かれた靴

明日もまた、
一足、ひとあし。
そこに、生きる喜びがあるから。

町を歩いていると、
多くの高齢の方々と
すれ違います。

車椅子や杖を利用されていたり、
人によっては、車輪付きのスーツケースを歩行器代わりにされていたりと、

そのウォーキングスタイルは様々です。

なかでも毎日、
歩行器を使って歩かれている
80代の男性が、こんなふうにお話されていました。

「家にいると孤独になるけれど、
外に出ると、そんなのは思いこみだったと分かる。
意外と人は、人を見ているよ」

高齢者に限らず、
人の孤立が叫ばれる世の中です。

あなたはご自身の暮らす町を、
歩いていますか?

すれ違うだけの人たちの顔を、
よく見た途端、
町は、別の一面を見せてくれるのかもしれません。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について