今日は晴天、ぼけ日和

「親を施設に」私は悪いことをした?なんと言われても二人で決めた生き方

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

『あそこの家の娘さん、お母さんを施設にいれたんだって。』

私は母に
悪いことをした、
娘なのだろうか。

歩く人

今朝はご飯を残さなかったか。
施設の人とうまくやれてるか。
ひとりで困っていないか。

離れても、母は
私の胸から離れない。

母のいない家で、ひとり暮らす人

離れていても、
つながっている。

誰になにを言われようと
これは、
私と母が決めた、暮らし方。

人ひとりの最後の暮らし方を、
自宅にするか、
高齢者施設にするか。

それは、どちらも一長一短あり、
つまるところ
個人の選択にすぎません。

ただ、昔から日本には

「家族の世話は、
 家族がしなければならない」

という風潮が、いまだにあります。

そんな視線をうけて、
「親を施設に入れてしまった」と
ご家族が自責の念にかられてしまうのは、とても悲しいことです。


在宅で家族と暮らす方には
在宅介護者にしかわからない
ご苦労が、

家族と分かれて暮らす方には、
その方にしかわからない
ご苦労があります。


御本人と介護者が出した選択を、
それぞれが見守れるような、
成熟した世の中でありますように。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について