なかまぁるセレクト 映画&本

『記憶は消えてしまうから 認知症の母との5110日』

『記憶は消えてしまうから 認知症の母との5110日』

【この作品は…】

記憶がどんどん消える母との、笑いと涙と格闘の毎日から生み出されたイラストエッセイ。重いテーマとして扱われがちな「認知症介護」を、軽やかに書き綴った一冊です。

【あらすじ】

過酷な認知症介護にも、くすっと笑える小さなドラマがあります。毎日買ってくるカレールー問題、エアコンのリモコンがなくなる地獄、絶対に出られない仕組みになっているはずの認知症専門老人ホームからの大脱走など、介護に疲れたあなたに、ほっと一息ついてもらえるショートショートのエッセイ集です。

【著者は…】

三浦周二朗(みうら・しゅうじろう)
1970年愛知県名古屋市生まれ。中学より演劇を始める。大学院進学とともに演劇活動を休止。2002年に演劇活動を再開するも、父、母、大叔母のトリプル介護のため2013年から再び演劇活動を休止。日本劇作家協会東海支部員。日本笑い学会中部支部員。

【書籍データ】

  • タイトル:『記憶は消えてしまうから 認知症の母との5110日』
  • 著者:三浦周二朗(みうら・しゅうじろう)
  • 判型:四六判
  • 頁数:248頁
  • 価格:1,200円+税
  • 発売日:2020年1月14日
  • ISBN:9784344925472
  • 発行:幻冬舎メディアコンサルティング

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について