タカオ★FANTASISTA

タカオ王国を建設中 入国パスは国家機密 でもテーブルに転がってる?

小さい頃に子供が自分の世界を構築するのと同じで、年をとった人間が身の回りに自分の王国を建設したがるのは、脳の何かのシステムや法則の一つなのかも知れない。
目に見えるモノだけの話ではないが、子供部屋や老人の居間に見え隠れするモノたちの配置や佇まいは、きっと彼らの脳内と直結していたり投影されていたりするはずだ。彼らを読み解く難解で不思議な暗号は、たいがい無邪気にテーブルの上や引き出しの中に散らばっているんだけどね。それを拾い集めて解読しないことには、王国のルールはちっとも分からない。王様、お願いだから分かりやすいステートメント発表してよ!

People of my kingdom!! It's time to make a decision.
I may not be myself soon, so...so...what is it? ...so...

アルツハイマー型認知症の実父「タカオさん」をモデルに、不思議な世界観をイラスト化している間学(あいだ・がく)さん。手がけた作品は、日本のみならず海外の人の注目も集めています。作品一つひとつの思いや、学さんがそこに見たものを教えていただきました。

次回:「時」と良い関係を作るのは難しい?タカオさん流、付き合い方の秘訣

前回:タカオさんとアルマジロ御一行様 いよいよ2021年宇宙の旅?

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について