タカオ★FANTASISTA

タンゴの神さまがイベントに降臨 盆ダンスもたちまち前衛舞踊に早変わり

ショートステイに行くと、タイミングよく季節のイベントに出くわしたりする。去年は盆踊り大会があり、帰宅後もしばらく興奮が収まらなかった。記念の写真にはお気に入りのヘルパーさんに囲まれて踊っているタカオさんの姿が写っていて、リビングで車椅子に乗ったまま上半身だけの再現パフォーマンスを何度も披露してくれた。若い頃はプロのダンサーを目指していたって話もまんざら冗談でもなさそうだ。何しろタンゴの神だったそうだからね! それにしても目の前の情景はまるで何かに憑依された難解な前衛舞踏のようだな。

We the three bodies started dancing on our own.
Something suddenly possessed us.

アルツハイマー型認知症の実父「タカオさん」をモデルに、不思議な世界観をイラスト化している間学(あいだ・がく)さん。手がけた作品は、日本のみならず海外の人の注目も集めています。作品一つひとつの思いや、学さんがそこに見たものを教えていただきました。

次回:アルツハイマーの父を自宅内で大捜索 気配を隠す見事さに感心

前回:あらくまさん、ありがとう お礼に…シェキナベィベェ。自家製味噌だぜぇ

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について