認知症、はじめました。

相談事が終わったかと思いきや残る悩み 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。お父さんの退院後について、ソーシャルワーカーさんに相談してみました。

認知症、はじめました87「馬耳東風」
「ご自宅からそう遠くなくて受け入れてくれそうな施設に一度連絡とってみましょう」
「受け入れが可能か、空きがあるかなど、条件を確認してみますね」まずはそこから
相談終了「ありがとうございました」
ちょっとほっとする「病室いくでしょ」「うん」
このところ忘れてたけど、母は何かというとすぐ結婚 結婚 結婚と言いまくってきたのだった
『だからって、あんなところでくりだしてくるとは・・・』
「ああいうのやめてよね」一応おねがいはするけど
「だってそうだもの」ぜったい聞かないのですよ「はー」

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈88〉のお話:夫婦円満の隠れた秘訣 親が体現してました

前の回〈86〉のお話:わが家のもう一つのお困りごと

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について