認知症、はじめました。

晴れ空も入院もポジティブに 正岡子規と夢の中 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。意識混濁で入院したお父さん。原因も分かり、ホッとしました。

認知症、はじめました72「陽光」
入院当日は土曜日だったので、翌日、様子を見に病院へ行った
父はまだ変な感じだったが「まったく正岡子規だ」「は?」
病院にいることで、まあ安心な気がした
「ぐー」ぼけー
すぴー『帰るか』
『昨日は先生がいる日でよかった』『週末でよかった』『私がいるときでよかった』『すぐ入院できてよかった』
つらつら歩いて考えて『あと』
『今日はあったかくてよかったなー』それで救われた気がしました

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈73〉のお話:何でもないような道が~幸せだったと思う~

前の回〈71〉のお話:お願い。ちゃんと「おかしい」と言って

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について