認知症、はじめました。

何でもないような道が~幸せだったと思う~父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。良いコトが起きる前触れかな? 幸運の鳥を見かけました。

認知症、はじめました73「県道」
父が入院して一週間。病院へ見舞いに行く
駅から歩いて20分。バスがあれば5〜6分『タイミング悪かったな』
『歩くか』
これといって何もない道
チュイッ『あ、ツバメ』
『今年はじめて見た』
『やっぱりこっちは田舎なんだな』なんでもないことを再確認する道

認知症、はじめました。つづく……
前の回〈72〉のお話:入院のお父さん、正岡子規と自分を重ねる

この記事をシェアする

この連載について