みんなが心開いて「素」になれる場所 

村山さんと富山講演会旅行~DAYS BLG! の活動報告

日頃の想いを参加者へ伝える。右は村山さん

前回の沖縄旅行を思い出しつつ、今回は富山県グループホーム連絡協議会の10周年記念フォーラムへ、メンバー(私たちDAYS BLG!では利用者という言葉は使いません)の村山さんと一緒に講演会の講師として出掛けてきました。村山さんに講演依頼の話を持っていったとき、「講演会のあとには、ビール&日本酒&カニの飲み食いがもれなく付いてきますがどうします?」とお聞きしたのでした。
「まぁ、ビールやら酒やらカニは楽しみだけれど、前田さんとたまに旅行を一緒できることの方が楽しみだなぁ」
「講演会はいつも通りに話せばいいのかな?」
「なんとかなんべぇ!ガハハハッ!!」

出番を終え懇親会のビールを待つ村山さん
出番を終え懇親会のビールを待つ村山さん

いつも通りの村山さん。前田と旅行ができることの方が楽しみだと言われて嬉しく思いました。ただ、こういった話の展開では必ずと言っていいほど、沖縄の件が話題に上がるのです。村山さんは忘れていません。
「あのときはよく飲んだなぁ」
「帰宅したら母ちゃんが鬼の形相で玄関に立っていたからな」
「もう二度としません。ガハハハッ!!」
そんな会話を交わしながら、富山県へ向かうのです。もちろん、講演会は村山さんの想いを参加者の皆さんへお伝えしてきました。そして懇親会へ突入したのですが、なんと会場はホテル内の式場のような場所でした。まずは一次会ということでビールを飲み、美味しい料理に舌鼓。

そしていよいよ日本酒&カニという楽しみを実現するために二次会へ。そこで日本酒や焼酎を飲み、良い気分で三次会へ。終わる頃にはベロンベロン。村山さんと前田は千鳥足でホテルへと帰りました。一応、念のためにとフロントスタッフへ「村山さんが外出される際にフロント前を通った際には、前田の部屋まで連絡ください」と伝え、それぞれ部屋に戻って就寝。

深夜?早朝?にフロントスタッフから前田の部屋に連絡が入りました。「村山さまがタクシーを呼ばれておりますが、いかがいたしましょう?」という内容。一気に酔いと眠気が覚めて「今フロントへ行きますので、村山さんに、『少しお待ちください』と伝えてほしい」と話してフロントへ。
「あー、おはようございます!」
「いや飲みすぎちゃって、朝帰りになる前に家に帰らないと母ちゃんに怒られる」
「タクシーで帰るので、前田さんはゆっくりしていて大丈夫ですよ」
「ここから自宅までは近いですから」
「お金?着払いで大丈夫でしょ。ガハハハッ!!」
さすが村山さん。なんと富山県から自宅まで戻られる術を知っています。ただ着払いだと何十万円かかるのやら…。と思っていると、村山さんは
「運転手さん、ここは新橋?新宿?家まで行ってよ」
なるほど、乗車前で良かった。乗車された場合は、沖縄パート2でした。

前田が「ここ富山だから新幹線が動いてから一緒に戻りましょうよ。ご家族にはスケジュールを渡してあるから大丈夫です」とお伝えすると、
「よし、じゃあこれからカラオケ行きましょう!」と村山さんに誘われました。恐るべし行動力。
しかし楽しい珍道中。これからも村山さんと一緒に全国各地へ出掛けていきたいと思います。

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について