認知症、はじめました。

実録!両親が墓を買った理由!それは… 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。あちゃ〜。やっぱり訪問販売だったの!?

認知症、はじめました43「決め手」
「どうしたの、急にお墓とか」「前から考えてたのよ」
父さんの地元にお墓はあるけど、九州だから、遠いじゃない
やっぱり家から近いお墓がいいよね、って話になったのよ
「ふうん」「何だかんだでこの土地で40年だからねぇ」
「でもココ、そこまで近所でもないよね?」車がないとちょっと不便
「それは、まあ営業の人が来たからよね」「あ」
『やっぱり』「大丈夫なのー?」それが「そこのご住職が、あんたの中学んときの担任の先生だったのよ」
「あーいたねー。しかも、『だったらいいか』ってなるねー」「昔の知りあい」の強さを思い知る

次の回〈44〉のお話:神道の父が浄土真宗のお墓を買うと…?

前の回〈42〉のお話:増税前の大きな買い物にいかがでしょうか

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について