なかまぁるセレクト 映画&本

『老父よ、帰れ』

老父よ、帰れ
『老父よ、帰れ』

【この作品は…】

老人ホームから認知症の父を自宅に引き取った45歳の好太郎とそれを取り巻く周囲の物語。高齢者医療を知る医師でもある著者が、懸命に取り組むがゆえに空回りする家族の悲喜劇を描く「認知症介護」小説です。

【あらすじ】

認知症専門クリニックの宗田医師の講演で、認知症介護の極意に心打たれた45歳の矢部好太郎は、有料老人ホームから認知症の父・茂一を、一念発起して、自宅マンションに引き取ることにします。しかし、隣人からの過剰な心配、トイレ立て籠もり事件、女性用トイレ侵入騒動、食事、排泄介助……。懸命に介護すればするほど空回りする、泣けて笑える「認知症介護」小説です。

【著者は…】

久坂部羊(くさかべよう)
1955年大阪府生まれ。医師であり作家。大阪大学医学部卒。二十代で同人誌「VIKING」に参加。外務省の医務官として九年間海外で勤務。帰国後は高齢者を対象とした在宅訪問診療に従事していた。2003年『廃用身』で作家デビュー。2014年『悪医』で第三回日本医療小説大賞受賞。

【書籍データ】

・タイトル:『老父よ、帰れ』
・著者:久坂部羊(くさかべよう)
・判型:四六判上製
・頁数:288頁
・価格:1,600円+税
・発売日:22019年8月7日
・ISBN:978-4022516268
・発行:朝日新聞出版

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について