介護施設で、あるある探検隊♪

「別に」再び 高齢者にも芸人にも容赦ない超若手 あるある探検隊の活動報告4

「あるある探検隊」のリズムネタで一世風靡したお笑いコンビ・レギュラーの松本くんと西川くんは、いま介護施設をまわっています。テレビや劇場の一般客相手と違って、施設の利用者さんたちを笑顔にするのは、やっぱり難しい! そんな2人が見つけた、今日の介護現場の“あるある”は――。

写真は毎回、レギュラー公式マネジャーがスマホで撮影した「渾身」の1枚です!
写真は毎回、レギュラー公式マネジャーがスマホで撮影した「渾身」の1枚です!
「中継入りまーす」
というかけ声で、デイサービスの利用者と系列幼稚園の子どもたちとの「スカイプ」(ネットテレビ電話)による生交流がスタートした。
「♪とんぼのめがねはあおいろめがね〜、あおいおそらをとんだから〜♪」
ノートパソコンに映ったのは、画面の向こうで童謡「とんぼのめがね」に合わせてお遊戯する子どもたち。利用者のダイキチさんが、そのなかの1人の男児、タケシくんに呼びかける。
「タケシくーん!」
ひとりお遊戯を中断し、画面に駆け寄って手を振るタケシくん。
「ダイキチおじいちゃーん!」
「タケシくんは、いま何してんの?」
「とんぼのめがねを踊ってるんだよー」
「楽しいかい?」
「いや別に」
「キミのTシャツのマークはなんだ? スイカかい?」
「うーん、わかんない。バイバイ〜」
もとの位置に走って戻り、お遊戯を再開するタケシくんであった。
♪とんぼのめがねはあおいろめがね〜♪

松本くん これスゴイと思ったな。利用者さんのためにも、子どもたちのためにも、いいなって。この介護施設は、別の場所で幼稚園も経営してはって。毎日のように、施設と幼稚園をスカイプで結んで交流してんねん。

西川くん 最初は、中継ってなんやそれって思ったけどな。聞いてみると、利用者さんが1年間、同じ園児とコンビを組むんやね。毎回中継が始まる前に、入居者さんには相方の子どもの顔写真と名前が入ったカードを渡されて、相方を忘れない工夫もあったね。

松本くん 1年を通してスカイプで1人の子とつながって愛着を持って成長を見守る、みたいな。でも慣れないテレビ電話で、利用者さんもつじつまが合わないことをよく言っちゃうやろ? ほんま、子どもって正直やね。老人だろうがまったく気を使わないで、「わっからへんわ」って感じで、プイッと行ってしまう。で、なにもなかったように「♪とんぼのめがねは……♪」に戻る、みたいな(笑)。

西川くん ほんま、ちょっと一方通行なところもあるんやな。

松本くん なんて言うか、温度差もあるやんか。施設の利用者さんは人数も少ないから、みんなで幼稚園の様子を楽しく見守ってるけど、子どもたちは楽しく遊んでるところを呼びつけられるからね。めんどくさそうにカメラの前にやってくる子も……。

西川くん そんなこと言うたらあかん! おじいちゃんたちが、かわいそうやないか。

松本くん いやいや、子どもってほんま、残酷なところがあるもんな。おじいちゃんの滑舌が悪いと「え? え? え?」とか、ストレートにツッコんでたし。でもそういうのも、かえってリアルでいいんじゃないですか。利用者さんだって、たとえ相方に冷たくされても肩を落としている人なんていなかった。こっちが「お邪魔してる」という意識をみんながちゃんと持っていたもんな。

西川くん でも泣いてる子がいたら、「担当のダイキチさん、タケシくんが泣いています。声をかけてあげてくださいー」と、向こうの先生が言ってくれたり。なんかほっこりしたな。

松本くん カードの写真を見て、「タケシくん、髪切った?」とか言ってるおばあちゃんもいたな。

西川くん 別の日に行ったときには、幼稚園がプールをやっているところを中継してはったやろ。中継といっても、撮影しているのは幼稚園の先生。ノートパソコンに水がかかるからって、カメラの位置が遠すぎて、映っている園児が誰が誰だかわからへん!(笑)。画像もお世辞にもキレイじゃないし。でも、こういう手作り感はかえって安心するよね。

松本くん そうそう、西川くんも、あのときスカイプで「気絶ネタ」を幼稚園の子どもたちに見せたやんか。画面一杯に白目が映って! 幼稚園の先生たちは大ウケしていて、「画面に映っているのは本物の芸人、レギュラーさんですよ」みたいに盛り上げてくれはったけどな。

西川くん でも園児はみんな怪訝そうな顔をしてるから、画面から「レギュラーって知ってる?」と聞いたんだよね。そうしたら、「見たことない!」とバッサリ。厳しい〜。

松本くん ほんま容赦ないわ。でも、こっち側にいる利用者さんたちは大笑いしてくれて、「がんばりー」と西川くんを励ましてくれた人もいた。

西川くん 松本くん、たしかにそんなこともアルな!

(編集協力/ Power News 編集部)

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について