介護施設で、あるある探検隊♪

ド肝を抜かれる95歳人生最大の思い出 あるある探検隊の活動報告2

「あるある探検隊」のリズムネタで一世風靡したお笑いコンビ・レギュラーの松本くんと西川くんは、いま介護施設をボランティアでまわっています。テレビや劇場の一般客相手と違って、施設の利用者さんたちを笑顔にするのは、やっぱり難しい! そんな2人が見つけた、今日の介護現場の“あるある”は――。

介護施設を訪れたレギュラー
写真は毎回、レギュラー公式マネジャーがスマホで撮影した「渾身」の1枚です!
「いままでの人生で、いちばん思い出に残っていることはなんですか?」
都内のデイサービスでレギュラーの2人が入居者さんたちを前に、こんな質問を投げかけた。まずは目の前の客席にいた95歳のご婦人を指名すると、「京都旅行」という答えが。
「あらっ! 京都って言いました? なんだ、僕らの地元やないですか!」
と盛り上がる、京都出身のレギュラーの2人。
「うれしいですねえ。いいところがいっぱいありますもんね。清水寺とか……いや、嵐山かな? どこ行きはったんですか?」
……。ご婦人は無表情で一言。
「パチンコ」
「え? パチンコ……ですか?」
思いがけない「思い出」に、会場は一瞬の間があったのち、爆笑に包まれた。張本人のご婦人も、ご自分の言ったことがみんなにウケて、ちょっと楽しそう。

西川くん 「人生でいちばんの思い出は?」。これは僕らがいろいろな施設でレクリエーション介護をするときに、必ず聞く質問ですね。

松本くん 思い出すことで頭のトレーニングにしてもらうという「回想法」のひとつやね。レクリエーション介護のひとつの方法。

西川くん 僕らの倍くらい生きてこられた先輩たちですもんね。いろんな経験されているので、僕らのほうもどんな答えが出てくるのか興味がある。だから、必ず聞くよね。

松本くん それにしても、まさか「パチンコ」と来るとはな。全員が想像してなかったことで驚いたな。でも、観光地的な答えがくるだろうというのは、僕らが勝手に思い込んでただけ。そんなことにも気づかせてもらった。

西川くん でも松本くん、その後、ツッコんでたやんか。

松本くん 「思い出になっているということは、パチンコで大勝ちしはった? それともボロ負けしはったんですか?」と聞いたら……。

西川くん 「覚えてへん」と(笑)。

松本くん ふつう記憶に残るパチンコといったら、大勝ちするかボロ負けするかやないですか。京都のパチンコで、どんな楽しい思い出があったんやろ。

西川くん そのあとは「いつ頃?」とか、「どんな機種?」とか、なにを聞いても「覚えてへん」の一辺倒でしたからね。最終的に「今度、京都に来ることあったら、お寺とかも楽しんでくださいね」って松本くんがまとめて大団円。

松本くん そうそう、最後に「最近の京都は新しいパチンコ台も出ているので~」と付け加えたら、会場がドカンともう1回大ウケしたから、まあよかったんか。

西川くん 認知症が進んでいる人が多い施設では、「覚えてない」という答えが返ってくることが多いからな。一度それを言われると、話が終わってしまうので、なんとか答えを引き出すのが僕らの仕事。

松本くん そういえば、いちばんおいしかった食べ物を聞いたとき、「マシュマロ」って言った人がいたね。ちょっと珍しいやん、いちばんおいしかったのが、マシュマロって(笑)。だから「食感ですか? 味ですか?」とか、ついツッコんでしまった。でもそうやって問い詰めると、すぐに「覚えてない」となってしまう。

西川くん その点、「思い出」は比較的、なにかしら答えが出てくることが多い鉄板の質問やね。たとえば戦争の話なんかがよく出てくる。これも「思い出」を必ず聞くようにしている理由のひとつやね。

松本くん 「覚えてない」現象ってあるね。たとえると、幼稚園とかで「将来なにになりたい?」と質問して、1人が「サッカー選手」と言うと、みんな「サッカー選手」って答えるのに似ているかも。

西川くん 介護施設でも1人が「覚えてない」っていうと、「覚えてない」の連鎖が始まるもんな。「覚えてないっていう答えでもOKなんや!」って。

松本くん たとえば、クイズ風のゲームをやったときに、1人の入居者さんが「きつねうどん」って答えると、次の人も「わかった! きつねうどんや!」って答えはったり。で、次の次の人も考え込んだ末に「もしかして、きつねうどん?」とか……(笑)。

西川くん あるあるー。

松本くん そういうときは「きつねうどんは、前の人が言いましたよ」みたいなことはあえて言わないで、「ワンペアー来ました!」と盛り上げる。

西川くん うっかりすると、すぐにスリーカードとか、フォーカードとか、そろっちゃいますからね。
さっきのパチンコもそうやけど、必要以上に問い詰めないことみたいやね。「覚えてない」が出てこないようにするには。

松本くん 回想法というのは、昔のことなら覚えている人が多いので、それを思い出して記憶と記憶をつなげることで頭をトレーニングする方法。それを効果的にするには、「スパルタ」より「ふんわり」が大事ってことやないかな。

西川くん 松本くん、それはたしかにアルな!

(編集協力/ Power News 編集部)

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について