認知症、はじめました。

実家の片付けあるある。母の「捨てないで」父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。なかなか進まない実家の片づけ。今週の問題は「2010年のギフトカタログ」でした。

認知症、はじめました18「てごわい」
片づけ下手な私の作戦「気がねなく捨てられるものをまず捨てて、荷物を減らそう」ガンバロー
捨てて大丈夫そうなもの①チラシ、DM (わんさかある)
②何年も前の通販のカタログや古い雑誌(ほんとに古い)
③病院や役所でもらってくる情報冊子などなど(もらいすぎ)
しかし— 「これ捨てていいよねー」(おせいぼカタログ/冬ギフト2010)と母に確認すると
「ああコレ、とっておいて」「えっ」
「なんで?」何年も前のよ。「この年はこんなの買ったなぁって思いだせるし、見るかも」
うっかり聞くと「とっておいて」が返ってくることが判明。『てごわいなぁ』「そのへん置いておいて」

次の回〈19〉のお話:賞味期限切れビール「とっておいた」母は得意げ

前の回〈17〉のお話:実家の片付けは誰のため?親孝行の前に…

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について