認知症、はじめました。

実家の片づけをしたいが…難敵が次々と 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。片づけたいのに……頑張り出した私の前に、難敵が次々に現る。

認知症、はじめました16「前途多難」
正直、私もかたづけは苦手
「私の片づけ方」①広げてみる②ひととおり見る③なんとなくもどす(片づかない)
一軒丸ごとなんて無理筋である。ムリムリお手あげ
でもケガされたら困るしな「えいえいおう」
簡単なことからはじめることにした。「明らかにゴミなものから捨てよう」チラシとか
片づけなんてそんなにやらなくていいんだからね
お父さんの大事なものは捨てないでくれよ
「コドク…!!」

次の回〈17〉のお話:本当は片付けが苦手な私。なぜ、がんばる?

前の回〈15〉のお話:「物を捨てられない」実家の母の言い分は

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について