認知症、はじめました。

ある日、母から電話「父さんがおかしい」 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。父親の症状を知るきっかけは何だったのでしょう。

認知症、はじめました1「はじまり」
父、78歳。埼玉県在住。
母、74歳。埼玉県在住。
私、38歳。実家から一時間半のところにひとり暮らし。
ここ数年、「結婚は?」「結婚して」「今すぐ結婚しなさい」の声がすさまじく、つい実家から足が遠のいていたのですが
ある日、
「父さんの様子がおかしいんだわ」という母からの電話。
急いで帰ってみたら「父さんは」「ぼけてしまいました」父がぼけてました。

次の回〈2〉のお話:ある日「父さんは、ぽんこつでしょうか」

こんな記事も

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について