認知症、はじめました。

ある日、母から電話「父さんがおかしい」 父が認知症、はじめました

認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。父親の症状を知るきっかけは何だったのでしょう。

認知症、はじめました1「はじまり」
父、78歳。埼玉県在住。
母、74歳。埼玉県在住。
私、38歳。実家から一時間半のところにひとり暮らし。
ここ数年、「結婚は?」「結婚して」「今すぐ結婚しなさい」の声がすさまじく、つい実家から足が遠のいていたのですが
ある日、
「父さんの様子がおかしいんだわ」という母からの電話。
急いで帰ってみたら「父さんは」「ぼけてしまいました」父がぼけてました。

次の回〈2〉のお話:ある日「父さんは、ぽんこつでしょうか」

【注目の記事】

うかがい知れない普段の生活 美登里さんの秘密編3「現役介護士 おちゃめーり!」

デートで介護を話題に。そのとき相手の男性は  ~認知症フレンドリーを目指して2

本人がもっとも戸惑い苦しんでいる 認知症の母が阿川佐和子さんに教えたこと

「認知症は嫌」、それって知ったかぶり? ~認知症フレンドリーを目指して1

認知症になっても母は母 韓国の仲間へ届け、私の思い

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について