なかまぁるセレクト 映画&本

『若年認知症になった夫と生きぬいて〜8000日の夜と朝〜』

『若年認知症になった夫と生きぬいて〜8000日の夜と朝〜』

【この作品は……】

まさか私が。まさか夫が。突如突きつけられた現実を、夫婦はどのように受け入れ、過ごしていったのでしょう。発病から22年間に渡る、夫婦の軌跡が綴られています。

【あらすじ】

若年性の前頭側頭型認知症(ピック病)になった夫。もの忘れや見当識障害だけではなく、万引き、暴力、異食など、さまざまな異常行動を示していきます。病名がわかるまでの紆余曲折、そして長きにわたる介護の日々。決してきれい事だけでは語れない現実の中、強い意志と希望と愛をもって駆け抜けた、長くて短い夫婦の記録です。

【著者は…】

新井雅江(あらいまさえ)
1942年茨城県生まれ。埼玉県さいたま市在住。認知症の人と家族の会・埼玉県支部世話人。

【書籍データ】

  • タイトル:若年認知症になった夫と生きぬいて〜8000日の夜と朝〜
  • 著者:新井雅江
  • 判型:A5判
  • 頁数:80頁
  • 価格:800円+税
  • 発売日:2013年10月
  • ISBN:978-4-9907364-1-5
  • 発行:株式会社harunosora

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について