認知症当事者とともにつくるウェブメディア

みんなが心開いて「素」になれる場所 

防護服でこんにちは!あら素敵な服ね!@品川~BLGの活動報告

園児と仲間といっしょに水鉄砲で遊ぶKさん(右)とメンバーさんたち
園児と仲間といっしょに水鉄砲で遊ぶKさん(右)とメンバーさんたち

認知症の人と「ともに生きる拠点づくり」を進める100BLGは、同じ思いを持つ全国各地の事業所とともに「学び合いのプラットフォーム」となるネットワークをつくっています。各事業所は、それぞれの土地柄や文化に合わせたかたちで運営されています。今回は、東京都品川区にあるBLG品川(けめともの家・カンタキ西大井 看護小規模多機能型居宅介護)からの報告です。

こんにちは。BLG品川の宇井です。
今回は、あるメンバーさんのご自宅に伺うことで、日常生活を知り、より向き合えるようになったお話をしたいと思います。
Kさんは、姪御さんと2人暮らしの92歳の女性です。
BLG品川では、ぬいぐるみたちをこよなく愛し、食器洗いも上手で、みんなの分まできれいに手際よく洗ってくださいます。
テラスで栽培している野菜が実ると、ピーマンを見て「可愛いね、頑張って大きくなったね」と大喜びで収穫してくれます。

採れたて野菜を持って満面の笑みで大満足のKさん
採れたて野菜を持って満面の笑みで大満足のKさん

時には急に不穏になったり、鏡に映った自分に向かって「どきなさいよ!」とすごい剣幕で怒ったりすることもありますが、そうしたとき以外は可愛くおどける表情やみんなの笑いを誘う明るい言動でBLG品川のムードメーカーです。

いつもは「通い」(デイサービス)でのご利用なのですが、コロナ禍のため、1週間の訪問サービスに切り替わりました。
私は初めての防護服着用にチャレンジ!
そうしてご自宅を訪問した際に発見したエピソードのいくつかをご紹介します。

Kさん宅に伺うと、トイレから独り言が聞こえ、その後、トイレのドアが開きました。
私を見ると
「あら!素敵な服着ているね!」
とひと言。
いきなりの防護服へのお褒めの言葉に、私はうれしくなり、
「後ろも見て!素敵でしょ」
と体をくるりと回転!
「おー、ホントだ、すごくいいわね、似合っているよ!」
とKさん。
こんなコロナ禍のご時世でも、Kさんから、褒められることで幸せを感じられることを学びました。

次ぎには、ズボン下一枚で正座して、タンスの引き出しを開けて、服をビニールに詰めているKさんの姿が目に飛び込んで来ました。
超びっくり!!な光景でしたが、いつも通りに、
「Kさんこんにちは。寒くないですか?何かお探しですか?」
と声をかけました。
「寒くないです。ありがとう。こうしてね、出かけるために荷物をまとめているんです」
と笑顔で答えてくださいました。
その会話の間に急いで服を用意して
「夕方になると寒くなるので、そろそろ服を着ましょうか?」
騒ぎ立てずにKさんのその時の穏やかなペースをくずさず、
ゆっくりと普通の会話が出来たのが良かったような気がしました。

キッチンのシンクのおけには、食べ終わった食器が山積みになっていました。
「おかしいなぁ、Kさんなら食器洗いはなんなくこなせるのに……」と、
シンクを見回して、しばらく考えていて、気づきました。
スポンジが無い!
けれど、そこで、Kさんがタンスの前で服をまとめていた様子が思い浮かびました。
あ!タンスの引き出しにスポンジがあったかも!
引き出しを見ると、スポンジがありました!

「Kさん、姪御さんの手作りの朝食で使った食器が流しに山積みになっています。もし、出来たら洗ってもらえたらうれしいです。また明日来ますね」
とスポンジをシンクに置いて帰りました。

次の日、洗ってピッカピカになった食器が、かごの中にありました。
「Kさん、食器を洗って下さったのですね。ありがとうございます!」
スポンジを置いたことによって、食器洗いをする必要性に気づいたのか、
毎日会いに来るあの人に頼まれたから、あの人のためにやってあげようと思ったのか……いずれにしても感動!

3階テラスで大空の下で語り合うKさん(右)と私
3階テラスで大空の下で語り合うKさん(右)と私

以上のできごとで思ったのは、
本人が言っている、やっていることについての拒否や否定の言葉はNGで、
穏やかさを保つためには共感が大事だということでした。
誰しも私たちは自分に共感してくれる人が大好きです。
危険なことでなければ、ある程度は受け入れ、いつでも共感できるなじみの顔になりたいと思いました。
そうしたなじみの人たちによるちょっとした気づき、ちょっとした声がけ、ちょっとした支援で、認知症の人たちが住み慣れた家で暮らし続けられるのではないかと思いました。防護服着用の汗だくの1週間でしたが、Kさんとの素敵な日々に、楽しさと勇気をもらえて感謝です!
また、私のことを毎日心配して、報告を待っていてくれたBLG品川のスタッフがいてくれたことにも感謝です!

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について

認知症当事者とともにつくるウェブメディア