なかまぁるセレクト 映画&本

『医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと』

医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと
『医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと』

【この作品は…】

認知症治療でもっとも大切なことは早期発見です。兆候、発症、検査、施設選び、予防と対策、家族を取り巻くお金と不安まで。現役医師が23年に及ぶ認知症の母との体験を綴った本です。

【あらすじ】

認知症は、今や誰もがなりうる身近な病であり、支える家族にとっても大きな影響を及ぼします。認知症が進行していく母との接し方に苦慮し続けた著者が、医者として、そして息子として、ためらい、悩みながら、向き合い方を見つけて行きく過程の中に、認知症に悩む人や不安を抱えている人へのヒントが散りばめられています。 

【著者は…】

森田豊(もりた・ゆたか)
1963年東京都台東区生まれ。医師、医療ジャーナリスト。秋田大学医学部、東京大学大学院医学系研究科を修了、米国ハーバード大学専任講師等を歴任。現役医師として医業に従事し、テレビ朝日系『ドクターX 外科医・大門未知子』の医療監修を行うなど、種々のメディアや講演等で幅広く活躍中。

【書籍データ】

  • タイトル:『医者の僕が認知症の母と過ごす23年間のこと』
  • 著者:森田豊(もりた・ゆたか)
  • 判型:四六判
  • 頁数:224頁
  • 価格:1,300円+税
  • 発売日:2022年7月8日
  • ISBN:978-4-426-12812-8
  • 発行:自由国民社

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について