みんなが心開いて「素」になれる場所 

手作りのチーズケーキ@いわき~BLGの活動報告

なかまぁるは、それぞれの「私」が、自分らしく生き続けていくための情報をお届けします。BLGの連載コラム「手作りのチーズケーキ@いわき~BLGの活動報告」です
協力してチーズケーキを作ります

認知症の人と「ともに生きる拠点づくり」を進める100BLGは、同じ思いを持つ全国各地の事業所とともに「学び合いのプラットフォーム」となるネットワークをつくっています。各事業所は、それぞれの土地柄や文化に合わせたかたちで運営されています。今回は、福島県いわき市にあるBLGいわき(デイサービス福老)からの報告です。

こんにちはBLGいわきの長谷川です。
デイサービスでのメンバーさんの日常を皆さんにお話したいと思います。

メンバーさんたちのある朝の会話
ミヨ子さん「おはようございます、今日も頑張りましょう」
勝さん  「おはようございます。今日は何個売れるかね?」
敬子さん 「楽しみだね。予約は何個、入っていますか?」と、
皆さん、到着後すぐに働くモード全開です。

BLGいわきでは、メンバーさんは1階に併設されているカフェ「にぎらないおにぎりカフェふくろう」で、有償ボランティアとしてお仕事をしています。

時には、「昨日は何個売れたの?」「昨日は忙しかった?」と
自分が来なかった日のカフェの様子が気になるようです。
「暇より忙しい方がいいね」と、常に皆さんの会話はカフェの仕事の話です。

現在、カフェでは、
メンバーさんが作るチーズケーキが大人気です。
最初は1ホールの8個を販売していましたが、今では3ホール24個に増やして、水曜日・木曜日・金曜日限定で販売しています。

大人気のチーズケーキ

早いときには水曜日に完売してしまうこともあります。
リピーターのお客さんが買いに来てくれることが、メンバーさんのやりがいにつながっているようです。
「自分の作ったチーズケーキを買ってくれる方の顔は『絶対に忘れない』ね」と
うれしそうにほほ笑んでいるメンバーさんを見ることが、
私たち職員の張り合いになっています。

是非!皆さん、いわき市に来たときは
BLGいわきのメンバーさんの笑顔を見に来てください。
お待ちしております。

「お客さん、早く来ないかなぁ」と、駐車場を見ながら待つメンバーさんたち

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について