みんなが心開いて「素」になれる場所 

御柱祭@諏訪〜BLGの活動報告

なかまぁるは、それぞれの「私」が、自分らしく生き続けていくための情報をお届けします。BLGの連載コラム「御柱祭@諏訪」です
7年に1度の御柱祭。8本の御柱を見に行きました

認知症の人と「ともに生きる拠点づくり」を進める100BLGは、同じ思いを持つ全国各地の事業所とともに「学び合いのプラットフォーム」となるネットワークをつくっています。各事業所は、それぞれの土地柄や文化に合わせたかたちで運営されています。今回は、長野県諏訪市にあるBLG諏訪(小規模多機能型居宅介護 宅老所いぶき)からの報告です。

こんにちは。BLG諏訪の宮崎です。
7年に1度の御柱祭。日本3大奇祭の一つです。諏訪の人間にはきっても切れないお祭りです。
先日、地元、諏訪上社の山出しが行なわれ、8本の御柱が『御柱屋敷』に安置されました。
BLG諏訪の朝の会でそのことが話題となりました。
そこで、「行ってみたい」というメンバーさんたちとともに、活動の合間に出発!

道中の車内では
「あのおうち、モクレンが咲いているよ」
「桜が咲いたらお花見行きたいね」
「あの面白い建物なに?」
「あれはパチンコ屋さんだよ(笑)」
本当に久しぶりの外出に心が弾みます。

『御柱屋敷』に到着すると、メンバーさんたちは8本の柱を眺めながら
「やっぱり『本宮一』の柱が一番太いのね」
「こんな近くで初めてみたわ。なんだかもったいない。せっかくこんなに育った木なのに」
などと話しつつ、柱をさわって「元気になれるかなあ」と柱のご利益にあやかっていました。

安置された御柱。「こんな近くで初めて見たわ」とメンバーさん
安置された御柱。「こんな近くで初めて見たわ」とメンバーさん

BLG諏訪に帰ってくると、早速、お留守番の仲間に報告。
「よかったよー」
「昔は柱を曳きにいったもんよね」
「焼きそばとフランクフルト売ってたね」
外に出ることで新たな出会いやつながりができ、様々な発見もあります。
そうしたことを、みんなで大切にしていきたいと改めて思いました。
メンバーさんの思いの実現へとつなげていければと思います。

ある日のお昼ご飯

BLG諏訪のお昼ご飯はメンバーさんと作ります
BLG諏訪のお昼ご飯はメンバーさんと作ります
この日のメニューは献立から調理までベテランメンバーさんにおまかせです
この日のメニューは献立から調理までベテランメンバーさんにおまかせです
仲間の「餃子が食べたい!」の声に、メンバーさんが思いを込めてこしらえます
仲間の「餃子が食べたい!」の声に、メンバーさんが思いを込めてこしらえます

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について