認知症、はじめました。

疲れた体に「はわ~」 これでもっと頑張れる?認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。自宅のある東京と実家のある埼玉を往来することが多くなったひわさん。疲れが溜まってきたようです。

認知症、はじめました167_こぼればなし47「結局」
東京と埼玉。父が認知症になって、ちょっと行き来がふえたせいか、
どうも疲れやすく体がどんよりしてきた。だるう
前に「しばらく通ってたよー」友人に聞いた話を思いだして「よかった」「へー」
マッサージを受けてみた「では、はじめていきます」「お願いします」
「ありがとうございましたー」はわー
体が・・・軽い!!
めちゃくちゃ効いた『買い物の荷物もいくらでも持てそう!!』スタスタ
『結局、体力!!』気力も大いに快復したのでした。ずんずん

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈168〉のお話:短歌の会のパワーで、父の不思議システム始動

前の回〈166〉のお話:「やだコワーイ」ひとつ、ふたつ、みっつ…まだまだ足りない

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について