なかまぁるセレクト 映画&本

『誰かの花』

『誰かの花(Somebody
『誰かの花(Somebody's Flowers)』全国順次ロードーショー ©横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画製作委員会

【この作品は…】

徘徊する認知症の父と介護する母が住むとある団地で起きた事件を舞台に、様々な立場の住人の、様々な想いが交錯する映画です。

【あらすじ】

『誰かの花』(c)横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画製作委員会

横浜郊外のとある団地のベランダから落ちたパンジーの鉢植えが、通りがかりの住民に直撃し死亡する事件が起こります。事件なのか事故なのか。ベランダから鉢植えが落ちた住民への視線、その隣に住む認知症の父に疑念を持つ息子、亡くなった住人の家族、それぞれが出会い、そして真実が明らかになったとき……。

『誰かの花(Somebody
©横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画製作委員会

【公式サイト】

『誰かの花』公式サイト

全国順次ロードーショー。上映スケジュールは公式サイトをご確認ください。

『誰かの花(Somebody
©横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画製作委員会
  • タイトル:『誰かの花』
  • 監督・脚本:奥田裕介
  • 出演:カトウシンスケ、吉行和子、高橋長英、和田光沙、村上穂乃佳、篠原篤、太田琉星
  • 製作:横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画製作委員会
  • 配給:GACHINKO Film

©横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画製作委員会

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について