認知症、はじめました。

ケアマネ選びは重要…うん、重要…この気持ちは?認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。地域包括センターの人たちが、2人暮らしの両親を訪ねてくれた際、どうやらその場でケアマネさんが決まったそうです。

認知症、はじめました158_こぼればなし38「なりゆきで」
ケアマネジャー、略してケアマネさんとは
介護される人と介護保険サービスを橋渡ししてくれる存在 よいしょー
利用者の様子をききとり あれや これや フムフム
どのようなサービスを使うのがよいかケアプランを作成し うーん ぽくぽく
提案から、実際のサービスを受けるまでの段取りもしてくれる「デイケアの・・・」
調べてみると「ケアマネ選びは大事」「信頼できるケアマネさんにおねがいしよう」
『でもどうやって信頼できるケアマネさんと出会えばいいんだ?』と、思っていたので 面接するのかな?
決まったときいて、ほっとしたような、どこかものたりないような・・・よかったんだよね・・・?

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈159〉のお話:「豚」と「汁」だけ食べてトンズラした偏食家

前の回〈157〉のお話:警戒するなか、あっさり決まった「あの人」

\n

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について