なかまぁるセレクト 映画&本

『「うちの家族、認知症?」と思ったら読む本』

「うちの家族、認知症?」と思ったら読む本
『「うちの家族、認知症?」と思ったら読む本』

【この作品は…】

「どうも最近、親の様子がおかしい。認知症では?」と思う家族のために、病気の概要や治療法、当人への接し方などをわかりやすく解説した一冊です。近年の研究で注目を集める「認知予備能」についても詳しく書かれています。

【あらすじ】

認知症の基本的知識と治療の実際や、最新の研究に基づく発症軽減対策を紹介。家族の言動に疑問を感じたら1日も早く対策をスタートすることで、有効な成果を得ることができます。また近年、認知症研究で注目を集める「認知予備能(機能低下に対する抵抗力)」についても解説。認知症は恐れるだけでなく、備えることが可能な病気であることを解き明かしていきます。

【著者は…】

長田乾(ながた・けん)
医療法人社団緑成会 横浜総合病院横浜市認知症疾患医療センター センター長。神奈川県生まれ。1978年弘前大学医学部卒業。脳血管研究所美原記念病院神経内科、コロラド大学神経内科などを経て、2016年より横浜総合病院臨床研究センター長、2020年より横浜市認知症疾患医療センター長。専門分野は、認知症、脳卒中、神経心理学、画像診断。趣味はミニカー蒐集。

【書籍データ】

  • タイトル:『「うちの家族、認知症?」と思ったら読む本』
  • 著者:長田乾(ながた・けん)
  • 判型:A5判
  • 頁数:128頁
  • 価格:1,300円+税
  • 発売日:2020年12月10日
  • ISBN:978-4-05-801247-5
  • 発行:学研プラス

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について