認知症、はじめました。

はじめたはずの認知症に懐疑?自己診断の結果は 認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。以前より、実家に帰るようになったひわさん。孝行娘ですね。

認知症、はじめました146_こぼればなし26「大人の」
「ただいまー」父が認知症と診断されて実家に帰る頻度があがった
「おおーおかえり」「どう? 調子は」
「あのね、最近思ったんだけどね。お父さんは・・・」
「大人の発達障害じゃないかしら」「え? 今?」
78才 万が一そうだとしても定年退職するまで問題なく働けたわけで・・・「もう・・・よくない?」大人も大人だし
居間の本棚を見たら
本まで買っていた『本気だったんだ・・・』「大人の発達障害」
『いやでもやっぱり、もう、よくない?』ていうか認知症なのよ

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈147〉のお話:頑張れ!わたし ピンチに備えて走るぐずっ子

前の回〈145〉のお話:んより沼からあの大物にヘルプ・ミー!

なかまぁるの連載「認知症、はじめました。」が本になりました
書籍でしか読めない、描き下ろしの「お父さん」も収録。
『ねぼけノート 認知症はじめました』あさとひわ(朝日新聞出版)発売中!!
詳細はこちらをクリック 

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について