今日は晴天、ぼけ日和

認知症の母の微妙は気配の変化 でも、かけがえのない存在は変わらない

《介護士でマンガ家の、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

人の顔

いつの日からだろう。

母の顔から、母らしさが抜け落ちた。

「認知症が進んだから」と医師は言う。

「ふたつの顔」

寂しい、苦しい、悲しい。

一体、母からなにが失われたのか、
私は言い当てられない。

だってそれは、
母を思う時に浮かんでいた
気配みたいなもの。

微笑むひと

それでも母はそこにいる。

私がいるかぎり、

決して失われない、いとしい気配。

認知症が進み、
それまでの雰囲気が変わる方がいらっしゃいます。

表情や声のトーン、ちょっとしたしぐさ。

そういった微妙な変化は、
直接の生活の不便には、
つながらないかもしれません。

が、傍らにいる方にとっては、
今までのその人が失われたかのような
言いようのない寂寥(せきりょう)感が伴います。

やるせない現実ではありますが、
その変化に気づけるのは
共に生きてきたからこそ。

その人だけがまとっていたものを、
覚えていてくれる人がいるのは
どんなにかけがえがないことでしょうか。

当事者、
そして傍らにいる方にしかわからない、
繊細な部分です。

せめて第三者であれば、
「お母さん、少し変わった?」などと
不用意に声をかけないようにしたいものです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について