つなぐ、つながる下坂日記

桜のなかで松の葉をもらう 分けてもらった幸運を手に新連載スタート!

今年の桜の開花は、去年より10日ほど早いとニュースでやっていた

カレンダーを見ても
今日が何月の何日なのか探すのに少し時間がかかる

時計を見ても
何時何分という言葉では分かるけど、それが1日のどのあたりなのか感覚としては分かりにくい

認知症になってから
症状なのか、時間の感覚というものが無くなった

1時間は60分で出来ていて
1日は24時間で出来ている
1日が365日で1年になるというのは理屈ではわかる(笑)

まだ、季節はなんとなく感じることが出来るので
春に桜が咲いて、散って
次に桜が咲く頃までが1年という方がわかりやすい(笑)

散歩しながら桜の写真を撮っていると、80代ぐらいのお母さんが声をかけてきた

『松の葉というのは、2本でひとつが多いけど、この辺りの松は珍しく3本と5本があってね、私は友達に手紙を書くときに
この松の葉を一緒に添えて送るの』
と短い時間に何度も教えてくれた

『あなたにも分けてあげる』
『あなたにも幸運を!』
と3葉の松と5葉の松を少しずつもらった

後に調べてみたら、3葉の松は縁起が良く、お守りにも良いらしい

帰り道にすれ違う人の手には
同じ松の葉があった

きっと、みんな、あのお母さんに出会ったんだろう
と思うとなんだか嬉しくなった

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について