認知症、はじめました。

エンドレス断捨離ウォー。最初の敵は新聞屋 父が認知症、はじめました

レビー小体型認知症の父親をもつイラストレーターが、日々のエピソードを漫画にしました。荷物であふれる実家。つまずいたりしては危険だと、時間を見つけては片づけに行っています。

認知症、はじめました114「電池切れ」
「ただいまー」見舞いのあとは実家の片づけだが、
「おっ?」思うようには進まない
「ちょっと、何あのおっきいぬいぐるみ」すごい存在感「ああ」
「新聞屋さんがくれるっていうからねー」
「いませっかく物を減らしてるのにー」「いいじゃないあれくらい。くれるんだから」「なんでももらいすぎでしょ」「だってタダだし」ちょっとしたことでもめるし、
そもそも片づけは苦手だし、荷物を広げて絶望中「あああ、おさまらない・・・」
スサササ・・・ イエアアアアア あの虫は出るし・・・
『もうだめだ、終わる気がしない!!』やる気が尽きたのを感じた

認知症、はじめました。つづく……

次の回〈115〉のお話:金は出すから口出すな 親子あるある掃除騒動

前の回〈113〉のお話:はいはい、わかってる 介護疲れはこうして解消

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について