参加する

若年性認知症の人の社会参加(愛知)

第15回 大府センター認知症フォーラム 若年性認知症の人の社会参加(愛知)

65歳未満で発症する認知症を若年性認知症と呼びます。いわゆる働き盛りの世代のため、ご本人だけでなく、家族の生活にとても影響が大きいにもかかわらず、就労をはじめとした社会参加についての情報も支援も十分とは言えません。若年性認知症のご本人やその家族の方々が、少しでも安心して暮らせるようにと、支援される方々による講演会です。

日時

2020年3月11日(水) 13:00~16:20(開場12:30)

会場

ウインクあいち大ホール(愛知県産業労働センター、愛知県名古屋市中区名駅4丁目4-38)

  • JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面徒歩5分

内容・講師

◆基調講演
「定年まで働くために —最新の診断・治療・ケアから予防まで—」
 アルツクリニック東京 院長 新井 平伊氏

◆講演
「若年性認知症の人の就労支援 〜若年性認知症支援コーディネーターの立場から〜」
 東京都若年性認知症総合支援センター センター長 駒井 由起子氏

「若年性認知症の人も家族も安心して暮らせる地域を共に創ろう」
 若年認知症ねりまの会MARINE 代表 田中 悠美子氏

定員

800名(事前の申し込みが必要)、参加費無料

申し込み方法

こちらより、参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX(0562-44-5831)にてお申し込み下さい。定員になり次第、締め切りとなります。定員超過の場合は、お断りする方にのみ電話またはFAXでご連絡致します。
申し込み締切:2020年2月28日(金)

問い合わせ

社会福祉法人仁至会 認知症介護研究・研修大府センター(担当:花井)
TEL:0562-44-5551
FAX:0562-44-5831
Mail:jimubu.o-dcrc@dcnet.gr.jp

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について