今日は晴天、ぼけ日和

よいしょーよいしょー!餅を返す、職員でも家族でもないあの人は誰?

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

「よいしょ!」「よいしょ!!」

年末恒例、施設の餅つき。返し手は、今年も十和子さん、80歳。十和子さんは、ベテランボランティアさんだ。

「ちょっと、あんた、最近頑張りすぎてない?」

十和子さんの手にかかれば、コワモテの高齢の方も、にっこり。

今年も一年、お疲れ様でした。

日々、変わりなく、やさしい日常を運んでくれる人。

職員のように、一歩ひいた存在でも、
家族のように、身近すぎる存在でもなく、
高齢の方へ、自然な安心感を与えてくださる方々。

それが、私にとって、施設で活躍するボランティアさん達の印象です。

高齢者施設は、一見、自然な日常が流れているように見えて、
簡単に屋外に出られなくなっている等、
数々の非日常があります。

そんな中、ボランティアさん達は、
高齢の方とお話したり、食事を共にされたりと、日常をそのままつないでくださいます。

今ボランティアさんは、
施設に、高齢者に、職員に、
失われがちな暮らしのやわらかさを与えてくださる、貴重な存在なのです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について