なかまぁるセレクト 映画&本

『おもいでメガネ』

『おもいでメガネ』

【この作品は…】

「大好きだったおばあちゃん……最近わからなくなったんだ」。認知症の祖母と9歳の少年「よしお」のひと夏の思い出が描かれた、絵本的エッセイです。

【あらすじ】

大好きなおばあちゃんが、最近なんだかおかしい。そんなある日、よしおがおばあちゃんのメガネをかけてみると……。認知症の方が見る景色っていったいどんな景色なのだろう……実際にグループホームで働く著者の実体験をもとに、その景色を少年よしおと一緒にみつけていく物語です。

【著者は…】

ないとうともあき
1972年東京生まれ。レコード会社に勤めた後、2002年に独立し、有名アーティストと仕事をしながら、2014年介護施設で働き始める。介護用の楽器やウクレレなどを使った音楽レクリエーション担当に。副業であった介護の仕事もいつしか国家資格を取るまでに。

やまぐちかん
桑沢デザイン研究所を卒業後、コシノジュンコほかアパレルでのデザイナーとして活躍。資生堂、KDDIなどをはじめ、大手企業との企画立ち上げなども行う。クリエーターとしてマーガレット・ハウエル女史らと「MUJI Labo」のリブランドにも携わる。

【書籍データ】

  • タイトル:『おもいでメガネ』
  • 著者:ないとうともあき(文)、やまぐちかん(絵)
  • 判型:A5判
  • 頁数:128頁
  • 価格:1,500円+税
  • 発売日:2019年7月10日
  • ISBN:9784074392858
  • 発行:主婦の友社

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について