参加する

老年学を生かした「老い」のトリセツ(新宿)

桜美林大学「老年学」公開セミナー 老年学を生かした「老い」のトリセツ(新宿)

家族やご自身の老いや加齢は、避けて通れない現実。本人がどう生き、周囲がそれをどう支えるか。ネガティブになりがちな問題を、ポジティブな発想や行動に変えていくきっかけになるセミナーです。

日時

2019年10月6日(日)14:00~16:00(12:30開場)

会場

桜美林大学新宿キャンパス(東京都新宿区百人町3丁目23-1)
・JR大久保駅 北口より徒歩6分
・JR新大久保駅より徒歩8分

内容・講師

◆講座1「華齢・好齢・朗齢の実践」
フリーアナウンサー
桜美林大学老年学総合研究所連携研究員
遠田 恵子氏

◆講座2「外国人介護人材の養成」
カンボジア学校法人KAIGO日本語学園理事長・学院長
桜美林大学老年学総合研究所連携研究員
御園 一成氏

※13:00より公開セミナー会場にて大学院(老年学研究科)の説明・相談会を開催します。

参加費

無料

申込方法

申し込みフォーム、またはメールにて、氏名・連絡先メールアドレス、大学院説明会参加希望の有無をご記入の上、お申し込み下さい。

主催・問い合わせ

桜美林大学大学院老年学研究科、桜美林大学大学院老年学研究科同窓会
obirin@gerontologyobirin.com

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について