今日は晴天、ぼけ日和

光子さんの夏 花火が咲く空 父とつないだ手 見送った兵隊さん

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

光子さんは空を見上げて語る。あの日の空。

認知症の光子さんは、まるで昨日のことのように、それを話す。

父親と見た、あの日の空を。

戦争が始まる前に、お父様に連れられて見た花火大会。繋いだ手の、ぬくもりのこと。……でもなぜかその話にはいつも、同じ話が続く。

私たちが忘れても、光子さんは忘れない、空。

「空を見ると、見送った優しい兵隊さんたちが浮かぶの」光子さんの空は、あの日のまま。

戦後74年、と言われても、正直なところ、
私にはピンときません。

ただ、実際に戦争を体験された方から当時のお話を伺うと、
平和のありがたみさえ忘れている私でも、
恥ずかしながら響くものがあるのです。

今年もまた、8月6日、8月9日、8月15日と、
日本の夏がやってきました。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について