今日は晴天、ぼけ日和

あきさんが突然踊り出したお別れの日。施設を移るのぼるさんは思わず…

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

のぼるさんが他施設へ入居するお別れの日。

陽気でおしゃべりだった、のぼるさん。今では口数も減り、私たちが働くデイサービスから、生活全般をサポートできる施設に移ることになった。

スタッフのあきさんが踊り出した!! 昔、のぼるさんは踊っていたから

あきさんはお別れに、のぼるさんが昔、仲間の為に作った踊りを披露した。のぼるさんは久しぶりに、大笑いした。

「この部屋はいちばん明るいなぁ」あなたの明るさがくれたもの。

のぼるさんの最後の言葉を、私たちは忘れません。

認知症を深めて「自分らしさ」を忘れてしまったり、表現できなくなることは、
ご本人にとっても、辛いことです。

けれど周りの誰かが、
「その人らしさ」を覚えていれば、
ご本人はどんなに安心されるでしょうか。

あきさんのように「あなたらしさを私は知っています」のアクションは、
ご本人にとって、最高のギフトになります。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について