今日は晴天、ぼけ日和

「いつまでもお元気で」ありえない願いをあえて、贈る言葉にする

《介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことば。じんわり、あなたの心を温めます。》

元気だった祖母が倒れた。

熱中症。冷房完備が整った施設に暮らしていても、起こるものは起こる。

いくつになっても学ばない私は、以前こんなうちわを祖母用につくっていた。

「いつまでもお元気で」それは高齢の方に私がよく使う、常套句のようなもの。

「いつまでも」ありえない願いを書いた、私はとっても人間らしい。

人の死にいつまでも慣れないまま、また夏が通り過ぎてゆく。

何十年、介護士をしても、
高齢の方との会話に慣れることはありません。日々、勉強と感じます。

このマンガは去年描いたものなのですが、
今ではあえて「いつまでもお元気で」という言葉を使うことがあります。

それは、生きる気力を無くした高齢の方に、
心からこの言葉を贈るとき、
伝わるものがあると、気づいたからです。

《高橋恵子さんの体験をもとにした作品ですが、個人情報への配慮から、登場人物の名前などは変えてあります。》

前回の作品を見る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について