みんなが心開いて「素」になれる場所 

新たな仕事?フレンズさんとワークシェアも~DAYS BLG ! の活動報告

こどもの国の園内を視察
こどもの国の園内を視察

前回の続きになります。「一緒に何ができるか」という視点で、「こどもの国(運営:社会福祉法人こどもの国協会)」の園長と私たちDAYS BLG ! の参加者(以下、メンバーさん)の想いや意見を擦り合わせていく中で、園長から施設の広さという話題が出されました。

「東京ドーム40個分」
「ディズニーランドとディズニーシーを合わせた面積と同じくらい」

なんと!!想像以上の広さです。この広さをBLG ! だけでは受けきることが出来ないというのは容易に想像できました。実は、仕事の多さが事前情報でイメージできていましたので、以前よりワークシェアを共同展開させていただいている「フレンズ」(就労継続支援B型事業所、運営:特定非営利活動法人 町田フレンズサポート)さんへ声掛けをし、今回は同席いただいていたのです。

「フレンズ」さんは知的障害や精神障害を持っている人たちがレストランで働く機会を提供している事業所なのですが、レストランという形態上、昼食前後を除いた時間を持て余しているという事情があります。お互いに人材と仕事をシェアすることで、それぞれのメンバーさんに負担をかけ過ぎずに、お互いの得意分野を生かした仕事が出来る。そのうえ長く継続も可能になるのでは?と考えていました。

こどもの国を体感
こどもの国を体感

そんなワークシェア構想を聞いたBLG ! メンバーさんはホッとされ、
「我々だけで担うのでは荷が重いと思ったけれど、交代制や分担制ならば少し楽だよね」
「うん、いいんじゃない?」
「それなら出来そうだな」

少し前向きな意見が聞かれ始めました。そもそも以前より、メンバーさんから「もう少し違う活動にも興味があるし、取り組んでみたい」という希望をお聞きしていましたので、何とかカタチになるといいなぁ、と思った次第です。

まずは試してみないと判断できないということで、今回は園内を視察してBLG ! へ戻りました。「フレンズ」さんとも意見擦り合わせをしながら、今後も内容を詰めていきます。また結果をご報告したいと思います。

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について