へもでもできるもん

「俺がキャットフードを食う」と言われたら…“支援”と制度のサンドイッチ

現役のケアマネジャー「へも」の周りでおこる出来事を、本人が描きおこします。
――猫吉がヘルパーに頼んで断られたのは掃除だけではなかった様子。それはなぜ?

「買い物を頼んだ時も、あれはダメこれはダメってヘルパーに言われたぞ」あ!! 猫だ「ぬあー」「何を頼んだのですか?」
「猫のエサと酒だ」「ぬあー」
事務所「あら? また悩んでるの?」
「訪問介護って、できないことが多すぎます」「ん? 例えば?」
「買い物に行くとしても猫のエサやお酒はNGだし」まあタバコがダメなのはわかるけど「あー・・・」
「介護保険サービスには公費が使われているからねぇ・・・日常生活に必要な支援でなければ難しいよね」猫の世話はボランティアやNPO法人に頼ってみるとか
「ついには猫吉さん『俺がキャットフードを食うから買ってこい!! 猫のエサじゃなきゃいいんだろっ』と、言いだしたそうです」
「あなたがヘルパーだったら、キャットフード買ってくる?」「いや・・・買わない・・・」それで買ってきたら問題だわ

次回「猫吉もできるもん?見えた前任の仕事ぶり 突き刺さる所長のひと言」はこちら。

前回「つまり、そういうことじゃね? 名探偵へも、解決の糸口をみつける」はこちら。

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について