なかまぁるセレクト 映画&本

『おれは百歳、あたしも百歳』

おれは百歳、あたしも百歳
『おれは百歳、あたしも百歳』

【この作品は…】

2049年を迎え、夫99歳、妻100歳が、136歳の母を介護する日々。人生100年時代をあなたならどう生きますか? 笑いと涙の超老後小説です。

【あらすじ】

時は2049年、平均寿命が百歳を遥かに超えた日本。五世代が住む桜田家では、99歳夫・任三郎と、100歳の妻・伴子が、136歳の母を介護する毎日。なぜか、そこへ認知症である任三郎の兄までも同居する事に……あなたの数十年後かもしれない、笑いと涙の超老後小説です。

【著者は…】

沖田正午(おきだ・しょうご)
1949年埼玉県生まれ。時代小説作家。2006年『丁半小僧武吉伝』(幻冬舎文庫)で、作家デビュー。主な作品に、「北町影同心」(二見文庫)、「仕込み正宗」(祥伝社文庫)などの各シリーズ、『阿吽の羽織』(幻冬舎単行本)、『物書き同心裏稼業 未解決事件始末』(ともに角川文庫)など多数。

【書籍データ】

  • タイトル:『おれは百歳、あたしも百歳』
  • 著者:沖田正午(おきだ・しょうご)
  • 判型:A6判
  • 頁数:320頁
  • 価格: 700円+税
  • 発売日:2020年2月7日
  • ISBN:978-4408555621
  • 発行:実業之日本社

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について