なかまぁるセレクト 映画&本

『バスへ誘う男』

バスへ誘う男
『バスへ誘う男』

【この作品は…】

なぜ認知症の父はバスで徘徊するのか――様々な謎解きと路線バスの旅が融合した、ノスタルジー溢れるトラベルミステリー小説です。

【あらすじ】

路線バスの旅のコーディネイターである主人公が出会った炭野は、故人が望む墓の向き、ベランダにさらされ続ける布団の意味、認知症の父がバスで徘徊する理由など、次々と謎を解き明かしていきます。郷愁、驚愕、感動が渦巻くお散歩ミステリーです。

【著者は…】

西村健(にしむら・けん)
1965年福岡県福岡市生まれ。東京大学工学部卒業。労働省(現・厚生労働省)に入省後、フリーライターになる。2005年『劫火』、2010年『残火』で日本冒険小説協会大賞を受賞。2011年『地の底のヤマ』で第30回日本冒険小説協会大賞、翌年、同作で第33回吉川英治文学新人賞、2014年『ヤマの疾風』で第16回大藪春彦賞を受賞する。著書に「博多探偵シリーズ」など。

【書籍データ】

  • タイトル:『バスへ誘う男』
  • 著者:西村健(にしむら・けん)
  • 判型:四六判
  • 頁数:304頁
  • 価格:1,600円+税
  • 発売日:2020年4月3日
  • ISBN:978-4-408-53755-9
  • 発行:実業之日本社

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について