なかまぁるセレクト 映画&本

『認知症とともに生きる』

『認知症とともに生きる』

【この作品は…】

ご本人、そしてその家族にとっての理想的な治療、介護、支援についてまとめられた一冊。徹底取材によってわかった、これからの認知症介護のあるべき姿が書かれています。

【あらすじ】

まもなく高齢者の5人に1人が認知症と言われる時代がやってきます。多くの不安を抱えながら暮らすご本人やその家族が多いなか、ご本人の尊厳を守り、家族の介護負担をゼロにする取り組みを奈良県のとある病院が20年以上前から実践していました。医療、介護、患者、家族が繋がり、互いに支え合うことで豊かな生活を送る人々の姿とその暮らしを、現地取材によって明らかにしています。

【著者は…】

山村基毅(やまむら・もとき)
1960年生まれ。北海道苫小牧市出身。獨協大学外国語学部卒業。ルポライター。人物インタビューを基盤としたルポルタージュを執筆している。著書に『ルポ 介護独身』『戦争拒否―11人の日本人』『はじめの日本アルプス』『クマグスのミナカテラ』他多数。

【書籍データ】

  • タイトル:『認知症とともに生きる』
  • 著者:山村基毅(やまむら・もとき)
  • 判型:B6判
  • 頁数:249頁
  • 価格:1,400円+税
  • 発売日:2016年1月27日
  • ISBN:978-4344974050
  • 発行:幻冬舎メディアコンサルティング

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について