みんなが心開いて「素」になれる場所 

「認知症当事者を主語に!」衆議院議員会館へGO! ……DAYS BLG! の活動報告

議員会館へGO1207
話している様子の写真は撮れなかったので、証拠写真です…他2名とはメンバーさんのことです。

現在「認知症施策推進基本法(案)」の骨子案が作成され、政府と厚労省が議論しながら詳細を詰めているところです。ただ、国が……、自治体が……ではなく、主語は当事者であり「私たちは…」というのが、本来の基本法のありかただと思います。

これは、いま認知症の当事者だけではなく、これから認知症になる私たち自身のことでもあります。ですので、当事者がより良く生活していけるために、当事者の視点から法案を検討して欲しい……。ということで、私たちDAYS BLG!の参加者(以下、メンバーさん)と、行ってきました!議員会館へ。

「我々のことをもっと知って欲しい」
「症状が進行している方もいるが、それがすべてのイメージになっている」
「一方通行の決めつけではなく、自分で選択できる社会となって欲しい」
「仲間と場と社会とのつながりが大切」
「いまは仲間と一緒に楽しく明るい時間を過ごせている」

メンバーさんの口から直接想いを届け、要望だけではなく“いまの時間と仲間の存在”の大切さを伝えてきました。書き上げていくと書き切れないので、上記の内容に留めてみましたが、みなさんの耳に届き、心に響いていたようでした。

BLG ! の活動では、議員会館に行くこともあるのです。ただの外出レクリエーションではなく、自分たちのことでもあり仲間のことでもあるので、メンバーさんは本気です。もちろん、前田も本気です。

【注目の記事】

認知症の人だからこそ、生み出せる価値も見える化を 未来共創ハブ開設

認知症とともに生きる 失敗したって一人で行動し続ける理由 丹野智文さんが語る

あわせて読みたい

この記事をシェアする

この連載について