前を向いて、出会い、つながる。そこに「希望の道」がある。認知症とともに歩いていこう。

認知症と診断されても、自分らしく前向きに暮らしている人たちがいます。

新たな出会いを通じて、これまで得られなかった貴重な体験をされた人たちがいます。

本人ばかりでなく、彼らを支えるパートナーたちも。

この動画は、認知症の人が出会った新しい自分と彼らにしか見ることができない世界、そして自分らしく前向きに生き続ける姿を、多くの人に知ってもらいたい。そんな思いから作成された映像です。

認知症の人が、これまで歩んできた道。彼らと彼らとともに生きる人たちの前にひろがる、これから歩んでいく道。ひとつとして同じ道はなく、認知症とともに生きていく、十人十色の「希望の道」を映し出します。

※本動画は令和2年度厚生労働省「認知症普及啓発事業」の一環として、希望大使や認知症の人と家族の会の皆様に参画いただき、作成されました。このダイジェスト動画を皮切りに、全国7名の認知症の人の様々な生き方を描きます。
ご期待ください。

関連情報

あわせて読みたい

この記事をシェアする